1番結果がでやすく成長する勉強方法はアプトプット

アウトプット マインド

日頃から自分が成長しているかな?ってなかなか実感がわからないものですよね。
資格試験に受からない、出世しない、営業がとれない。

勉強している量と結果が共合わないことは多いと思います。

効率よく勉強することはアウトプットをすることです。

アウトプットの量を増やせば結果は必ずついてきます。

結果がでやすく成長する勉強方法はアウトプットです

 

アウトプットすることで成長します。

インプットするばかりより、話した方が頭に残りやすいです。

アウトプットをしていきましょう。

アウトプットが良い根拠とは

アメリカ国立訓練研究所が発表した研究結果で、ラーニングピラミッドというものがあります。

学習定着率をピラミッドで表したものです。(どんな学習方法が頭に残りやすいか表したもの)

 

講義 5パーセント

読書 10パーセント

視聴覚 20%

実演説明 30パーセント

議論し合うグループ 50%

練習 75%

他者に教える 90%

 

7つの学習方法があります。

その中で学習定着率が一番高い学習方法が他者に教えることです。

つまりアウトプットです。

人の記憶はすぐ忘れていきます

人の記憶は時間と共に忘れていきます。

エビングハウスの忘却曲線では、

20分後には42%忘れてしまっています。

1日後には67%

31日後には79%

忘れてしまっていまるのです。

 

アウトプットは量が効果的です

タイミングよく復習さえすれば忘れにくくさせる方法もあるみたいです。

が、アウトプットをする方が体験からですが忘れにくようにあります。

繰り返し行うことで 、脳 、海馬(記憶を司る)、運動神経を刺激し忘れにくくなり、長期記憶となります。

 

アウトプットが国家試験合格に導く

アウトプットをして社会福祉士合格

私は働きながら社会福祉士の試験を受けましたが、1回目は落ちました。

その時はインプットばかりしていました。

2回目は昼休みにほかのスタッフに、自分が勉強したことをアウトプットをしていきました。

よくわからないスタッフにアウトプットをするので、わかりやすく説明することを気を付けることで自分の理解力に結びつくことができました。

2回目は8割とって合格できました。

成績最下位がアウトプットをすることで国家試験理学療法士合格

理学療法士の国家試験の時に、皆でアウトプットしながら勉強をしました。

模試で最下位の学生が、試験では8割とって合格していきましたよ。

結論 考えるより行動しましょう

インプットをしたらどんどん行動し、アウトプットしましょう。
教科書も読み込むより、問題解きましょう。

そして人に説明するなどアウトプットをしていきましょう。

習うより慣れろです。

アウトプット量を増やしていきましょう。

アウトプットはどこでもできます。

インプット量は必要ですが、話す練習など準備は特に必要ないかなと思っています。

とりあえず量をこなしましょう。

例えば、症例検討やプレゼンは準備に時間をかけて練習を1人でするのではなく、人に聞いてもらいましょう。

手段としては身近なところからアウトプット

人と話してアウトプット

リハビリ職の私であったら、患者さんと話します。

内容は病態のわかりやすい説明、ニュースなどなど

わかりやすく説明する力がみにつきます。

朝礼で自分の意見、勉強したことを絡めて軽く話す。

知り合いの銀行では毎週テーマ決めて持ち回りで1分間スピーチしています。

ユーチューブにアップしてみるのも手ですよね。

身近にいろいろアウトプットする場所はありますので、是非やってみましょう。

アウトプットを効果的に成長へとつなげる

アウトプットをさらにいかす方法として
うまくいったとき、いかなかったときの理由をしっかり考えることが大切です。

やりっぱなしではだめです。

 

アウトプットが得られる結果として

資格試験に受かりやすくなる。
スキルがあがる。
上司からの信頼があがる
スタッフ間での信頼があがる。
他からのビジネスにつながりやすい

成長がはやく、結果が出やすいのでどんどんアウトプットをしていきましょう

まとめ

アウトプットをすると結果がでやすく成長しやすくなります。

人の記憶はすぐ忘れていくので、どんどんアウトプットをしましょう。

アウトプットと量は比例しますよ。

インプットをしたら、すぐアウトプット!行動をしていきましょう。

アウトプットをすることで、仕事や勉強など多くのことに影響がでてます。

アウトプットは効果的に成長をしていく勉強方法だと思いますので、是非実践していきましょう。